霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談 精神世界・スピリチュアルのご相談 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県 茨城県・全国出張も

  霊能者 松林秀豪 浄霊・除霊・守護霊のご相談 東京 千葉 埼玉 茨城 神奈川  
  精神世界・スピリチュアルのご相談  
 
ホーム
プロフィール
霊的な世界
ご相談・料金
体験談
私の信念
ご相談場所



霊能者 松林秀豪
(霊能者 松林秀豪)

  お問い合わせは
  電話もしくはメールにて
  お願い致します。

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

リンクサイト
霊能者 松林秀豪のブログ
霊能者松林秀豪のブログ
セミナー情報や日々のこと
を書いています。


 ★携帯のページのご紹介
 http://matubayasi.com/i

QRコード

 携帯でQRコードを読取る
 ことで、ページにアクセス
 することができます。



ご相談風景
(ご相談風景)

★著書のご紹介
魂を読む 霊能者 松林秀豪
「魂をよむ」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入
インチキ霊能者にダマされるな 霊能者 松林秀豪
「インチキ霊能者に
ダマされるな!」
松林 秀豪 著
アクア出版 定価1200円
アマゾンで購入



霊能者 松林秀豪 霊視・浄霊・除霊・霊現象・守護霊のご相談


スペーサー
霊能者・松林秀豪の公式ホームページです。日々多くの方からのご相談をお受けしております。
人には言えない悩みや不安、精神的な不安やストレス、人とのトラブルなど、霊能力の観点からご相談をさせていただいています。宗教団体や宗教ではありませんので、ご安心してご相談ください。

文字サイズを選べます
小中大
スペーサー
 
今月のコラム

霊的感性が強すぎて、何事も追い込んで考えやすいかもしれません
自分をダメだと思いこまないように
人の意識に流されないように
自分を憎まないように

〜 水神様 龍神様 〜

古い井戸は昔から水神様信仰の対象として祀られていたことがあります。
近年はこのような風習がなくなり、何もしないでただ埋めてしまう人がいます。

古井戸は特に気をつけなければいけないのは、井戸というものは霊的な問題だけではなく神様の眷属である稲荷様があるように、水神様の龍神もあるのです。

龍神様も粗末に扱われると、霊的な現象が出てくることもあるのです。

ある旧家で、夜中に3歳になる子供さんが、夢の中で、溺れて苦しいと毎晩訴えて泣くので両親が相談にこらました。

「子供が毎晩のように同じことを訴えて泣くのです・・・」

霊視してみると、この家の広い敷地内に古い井戸があったのが視えて、
幼い子供が井戸に落ちていく光景が視えたのですが、
昔は井戸の事故も多かったようです。

さらに霊査していきますと、龍神様の姿が現れてきます。
お清めをして、浄霊に伺うことにしましたが、ご自宅に水神様(龍神様)をしばらくの間だけおまつりしていただくことにしました。

その後子供さんの夜泣きもおさまりました。
自然界の力と共存していることを大事にしてください。

過去のコラム

祖先が守ってきたもの 怖い夢

 都会ではあまり言われませんが、地方ですと、本家や分家が今もきちんと残っているところもあります。

 もちろん代替わりして、本家でも代々の土地から離れてしまうこともあるのは、 時代の流れで仕方のないことかもしれません。それでも昔からの風習や大切にしてきたことを 置き去りにはしない方がよいこともあります。

 B男さんは15代続いてきた本家の跡継ぎですが、仕事の都合などで代々の土地を手放してしまいました。分家からはさんざん止められましたが、「もう本家の土地もここだけだから、それに昔のように農家でもないから、この土地を離れる」といったのでした。

 それがB男さん、土地を売って、新たな住まいに変わってしばらくすると 毎晩うなされる夢を見て「追いかけられるような、責められるような、 怒られているような・・・怖い夢です。土地は手放しているから戻りようもないですが、何か問題があるのでしょうか?」 霊査すると、B男さんの本家はもともと土地の神様を守ってきたようです。

 B男さん「古い氏神様は村にありました。だんだんお祭りもしなくなりましたが、今でも地域の人はお参りしたり、掃除をしたりはしています」

 今はそれで良いのですが、B男さんの家は代々守って来られたので、そこの神社とご縁のあるご祭神の、神社さんへお参りに行かれるか、お家で祀られるとよいのです。離れていてもご先祖の大切にしてこられたこと、ご自分も守られてきたことは手放さないようにしてください。

 B男さんその後きちんと神棚を祀られて、怖い夢は見なくなりました。


霊体験の話し

 若いころの私の体験で、ある日の夜に自分の部屋のドアを開けて入ろうとしたときに、目の前におばあさんの霊が座っていたことがありました。

 もちろん知らない人で、霊なのです。 部屋に入ろうとしたら、いきなり人が座っているのですから、私も驚いた!

 心の中でどうして此処にいるのか、問いかけると、そのおばあさんは「助けて欲しい、わからないで長いことこの世界にいたような気がする、ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というようなことが私の心に伝わってきます。

 しばらく霊査してその霊の亡くなった状態を視ていると、年老いて家族に追い詰められていじめられたような感情が伝わってきました。けれども、同時にこの霊が若いときにおそらく家族とのもめ事や姑さんをいじめていたような情景も視えてくるのです。因縁が深い家なのでしょうが、自分がしたことが自分に返ってきたようなものです。それで亡くなっても、霊界に戻れずに人間界に彷徨っていたのです。

 だから「ここに居ると助けてくれると誰かが言ったので、ここに来た」というように、誰かというのは、このおばあさんの先祖や守護たちの力があったのです。 その力で私のいるところまで連れてきたのでしょう。


約束事 霊

 以前に土地の問題で出張をしたところがありました。

 埋め立てられた土地で、昔の地図をみると、ちょうど海と陸のキワの辺りにそのお家は建てられていました。 お家の方が霊をみたり、怖い夢をみたり、家族がもめごとばかりで、小さなことから始まって徐々にエスカレートしてきたために、直接伺うことにしました。

 埋め立てるときに海の際にあったいくつかの供養塔や墓石がわりの石などを、埋められたりしたようです。それもきちんと清めや供養もされずにただ埋められた状態であったと思います。

 船の事故の犠牲者もいるし、女性の霊も子供もいました。海は犠牲者も多く出しています。ちょうど流れ着くような場所でもあったようです。

 それらを知っている人もいなかったので、誰を責めることもできないですが、救われない霊は次にはそこへ住む方たちに助けを求めてくるようになります。霊をみたり怖い夢をみたりすることは、脅かしてるのではなくて、むしろ助けを求めているためなのです。

 きちんと清めをして浄霊してからすべて納まっていました。そして霊の供養の意味も含めて一年に一度簡単なお清めをしていただくようにお伝えしておいたのです。それからしばらくのあいだご家族がお化けの姿をみることもなく、怖い夢も見ることもなくいたそうですが、数年してからまた同じような現象がおこりはじめたというご相談がありました。

 「おさまっていたのに何故でしょうか?」ということでした。 霊査すると「やっていない」と答えがくるので「お伝えしていたお清めは一年に一度はなさっていますか?」と訪ねると、「忘れていました。うっかりしていました・・・」ということでした。

 霊の世界は約束事も大切にしていかなければならないこともあります。


心が動かない

 思ってはいても、行動が出来ない。家族に言われても、理屈はわかるが思うようには人と話せない、社会が怖い、ありのままの自分がうまく出てこない。

 このようなことでも苦しんでいる人も多いのですが、ともすると自分の考え方に問題があって、いけないのは全部自分が悪いのだから、どうしたらいいのかと悩んでしまうこともあるかもしれません。

 人の気持ちの中に自分以外の意識霊が入り込んでしまうと、どちらが自分なのか、あるいは本来の自分の性格ではないような感覚になってしまうこともあります。

 Aさんは、働き者の30代の男性でしたが、あるときから外にも出たくない、人とも話したくない、進まなければと思うが進めない、前向きだった自分が非常に後ろ向きに変わってしまった。

 それが職場が数キロ離れた場所に会社のビルが移転したときから始まったのです。仕事をしていても落ち着かない、集中できない、いるだけですごく疲れるなど、会社を休みがちになり、霊的な影響に覆われていました。

 とりのぞいていくと同じように働けるようになってきたそうです。人は見えない世界からの影響も受けますが恩恵もたくさんいただいて生かされています。


ブログの記事のご紹介

2018/5/23
本日でブログの更新を休止させていただきます。 今後はホームページとこれまでの方のみご相談させていただくことにいたします、 長い間ブログをご覧いただきましてありがとうございました。 松林秀豪

2018/5/23

私たちの 日本の国は、 過去や見えない存在に対して敬意をはらって大事にしています。 土地の神様や自然霊を大切にしてきました。 ご縁があって新しく住まうところにも氏神様があります。 ただ氏神様がどこだかわからなくて、 神社庁へも問い合わせてまで、 住まいの氏神様を調べてお参りにいかれる方もいます。 それでも「人もいない、小さなところで、整備されていない、 手入れもし...


2018/5/21

現状を憎まないこと 境遇を恨まないこと 感謝の気持ち 思いやりの精神 が欠如すると、 どれほど物を手に入れても 心が満足することができないのです。 いつまでも自分は不幸だと思って生きていると 何年先にも不幸です。 いま満たされていることから 一つずつ満足することも大事な未来につながっています。 守られた人生であることをお祈りします。 ...


2018/5/19

お寺は近年檀家制度が維持できなくなり、 縮小したり廃寺になるところもあります。 転売されて住宅街になり、 元はお寺と墓があったことなど新しい住民は知らないこともあります。 このような土地に家を建てて住む人たちが怪奇現象を起こしたのです。 この家に住んでもう5年になるそうですが、 最初は隣人の18歳になる息子さんがうつ病になり、 時折奇声を発っしたり、家に閉じこもり、 ...


2018/5/17

世界では戦いも、テロも、 兵器のやり取りもいまだ終息は見えていません。 スピリチュアルパワースポットが、注目されていますが、 日本の中のパワーと 心を寄せていかなければならないところを再認識させられてもいます。 物質ではないものを大切に考えさせ始められた時代を感じます。 ちょっとした戦争でも使われる兵器も殺傷力が大きなものです。 自然界の動きも人の動きも連動したも...


2018/5/15

災いばかり起こる方がいました。 A子さん(30代)は「職場の人から嫌われている。 トラブルメーカーと呼ばれてしまう、いじめの対象なり、 数回職場を変えてもいつも同じような理由で、 仕事が好きなのに、働くことができなくなって辛いのです」 この方を霊視して見ると 地縛霊はの影響も受けやすいのですが、因縁霊のようでした。 自分ではやるきもあるのに、人からはうとまれたり、 良かれと思った行動や言...


2018/5/13

一年の間に、相次いでご両親を亡くされた50代の女性が、 「両親の看病の疲れもあったのかと思いましたが なんだか家の中にいると重いのです。 でも外へ出ると普通に元気に動けるのはなんだかおかしいと思って・・・・・」 という内容のご相談でした。 霊査してもご両親の霊はきちんとご供養されて、 思いも残されているようなことは感じられません。 けれども頭と体が重たくなって...


2018/5/11

ある女性はとても 感情的になりやすく、 何かの拍子に激しい苛立ちに悩まされ、 霊が見えたり気配を察知したり、 人に会えば人の感情も伝わってくるなど 長い間、ご自分の人一倍強すぎる感受性と 日常の生活とのバランスをとっていくために、いくつもの心の葛藤と、 霊的な自分の生きるテーマを乗り越えるために頑張ってこられた女性が、 「自分自身のコントロールというのは、 おかげさま...


2018/5/09

ネガティブな思考になりやすい人は、 一つ一つの出来事が解決しても、 すぐに次の不安を考えてしまいます。 例えば、今日お子さんの宿題ができたら、 明日の宿題はできるのか。 家族で旅行中でも、 もっと違う場所にいけばよかったなど考える人もいます。 いま出来てよかった。 いま出掛けられてよかった。 感謝とお陰さまの気持ちは大切にすることです。 文句が多い人はネガ...


2018/5/07

霊的なことで人を悩ませたりすることも実際あるのです。 邦男さん(40代 仮名)は会社を変わって一年ほどしたころ、 上司が変わってから、何となく調子が悪い。 上司はテキパキとして、冗談もあまり言わないが、 プライベートも関わってこない。仕事が終わればさっさと帰っていく。 上司もみんなとつきあうことを避けているみたいです。 けれども、どうも上司がいると波長が狂うような、 ...


2018/5/05

歴史の文献には残っていなくても、 小さな戦いだった場所は以外とたくさんあるのですが、 B男さん(50代 ご家族3人暮らし)は、 「新しく開発された土地を購入して、希望の家を建てて、 楽しみに住み始めましたら、家内が家にいると なんとなく怖いと言い出したのです。 良い家なんだから、しばらくは錯覚だろうと思い、 もっと住み慣れたら落ち着くだろうと思っていました。 家内...


2018/5/03

A子さんの主人が、私がお渡しした水晶のブレスレットを、 ある日ご自宅でご主人がじっと見ていて、 ご主人「自分もつけてみようかな」と 始めてそんなことをおっしゃったのだそうです。 A子さん 「いま主人の仕事もきつく、 大変なのでそんな気持ちになったのかもしれません」 どなたが身につけていても 不自然さはありませんし石の持つ力を感じられる方も多いです。 そしてご主人のブ...


2018/5/01

人と話すことが大好きな人が、 ある日急に人と目を合わせるのがと怖くなったり 消極的になってしまうこともあります。 感覚や霊感の強い方も このようなことを思うことがあります。 「いつでもそういう傾向になりがち」 なのは感受性が強いのです。 主婦の方が、ある日急に、突然に人に対して恐怖感を覚え、 ご主人やご家族以外の人とは顔も横を向いたままで、 もちろん目を合わすことも...


2018/4/28

いまの不幸を過去の出来事のせいにして いつまでも似たような出来事をくりかえす 過去に、「あの人が言ったからそうしたのに、うまくいかなかった」 「 誰かにいわれたからやったのに自分だけが苦労した、 なにもうまくいかなかった。腹が立つ」 「本当は 自分はそうしたくなかったのに皆に流されただけ!悔しい」 など考えてばかりいると、 いつまでも負の出来事から抜け出せないば...


2018/4/26

Aさんは「一年ほどまえに家を建てて住んでいますが、 ザワついた音や人の声のように 聞こえてくることが度々あり 同時期ころから体も冷えています。 病院では特に異常はないのですが とても元気だったのに ここに住むようになってからいろいろと問題が出てきます」 霊査してみますと、 この方の住まいの近くには細い小さな川があったのですが、 宅地造成とともに埋められて、 川筋を...


 
ホーム | プロフィール | 霊的な世界 | ご相談・料金 | 体験談 | 私の信念 | マップ
   
スペーサー     スペーサー
メールでのお問合せ